忍者ブログ
気のむくままに、更新中… いわゆるネタ。 本館は更新が止まっていますが、日記は儚く動いてます(^_^;) PCからでも携帯からでも見れますが、PCからの方が見やすいかと…。 *関連会社様とは一切関係がございません。個人の趣味の範囲内・常識の範囲内でお楽しみください。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

少年が降り立った大地は白かった。
彼が歩く度に、ジャリジャリと擦れる音がする。
地平線まで続くのは雪ではない。もっと硬質で、醜いもの。
棄てられ、この世界では忘れられたもの。
別の世界で《エヴァンゲリオン》と呼ばれていたもの。
それで埋め尽くされた大地を、銀髪の少年はさしたる感慨もわかずに踏みしめ、目指していた。

地平線の先を。

◇◆◇

「今、そこから出してあげるね」 

少年がたどり着いた場所には、天と地を繋ぐ…否、天と地を貫く一本の柱がある。

この世界の理。

 一部の存在を知るヒトは、《世界樹》と呼んでいたが、少年にはどうでもいい事だ。
彼の目的は只一つ。
その理を破壊する。 

「僕は君が存在しない世界なんて認めないよ、碇シンジ君」 

彼がその柱に触れて、次の瞬間、衝撃と共に柱が赤くなった。
上からの圧力に推され、一気に白い大地へと刺さる。
腹部が、熱い。下半身と口からどろりとこぼれていく。
しかし、少年は冷静だった。静かに息を吐いて、自分を大地に縫い付けた存在に声をかけた。 

「僕が、君に、刺され、る、なん…て、ね」
「この世界は碇君が望んだ世界。私はそれを守る」 

倒れた少年の顔の近くに佇むのは、少女だった。
正確には、『少女の姿をした』存在だが。
少年は少女を見るために、少しだけ顎を挙げる。 やはり、以前の世界の姿をしていた。 

「彼、が、居なく……て、も?」
「彼がそう望んだから」 

あの選択の時、彼は願ったのだ。

自分以外の、世界の再構築を。

その願いによって創られた世界には、彼だけが居ない。かつての彼の両親も友達も関わった人間も、彼を知らない。

 「ちが、う。望…んでる、なら、何故、僕、た、ちは…そん、在、する」
「碇君が、私とあなたの存在を望んだから」 

すべてのヒトが知らなくても、ヒトの理から外れた二人には、覚えていて欲しい。
矛盾しているが、それがヒトなのだ。 

「ぼ、く、は、彼が居ないと、い味が、ない」
「碇君が幸せなら、私はそれでいい」
「…ほん、と うぅ…に、コレ、が、彼の、しあわ、せ、だと?」
「…えぇ」 

やがて、銀髪の少年は動かなくなった。 


「!」 

少女は柱に駆け寄る。
小さな振動が、大地を空を揺らしている。細かい亀裂が何本も走り、そこからオレンジ色の液体が溢れ出した。 

「碇君?」

  柱に変化は無い。しかし、柱に触れた少女には深い哀しみが流れ込んで来た。

 「…そう。いいの。碇君がそれを望むなら」

 少年が死に、それが哀しいと言うのなら。それを、碇シンジが望むなら。
少女には、この世界の崩壊と再生など、どうでもいいのだ。


◆◇◆
ピクシブにUPするのはちょっと・・・な感じだったので。正確には、カオ→←シン→←レイ。もちろん、アスカも大事です。

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
245  244  243  242  241  240 
カレンダー
02 2019/03 04
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
ホシノヤドリギ
性別:
女性
自己紹介:
現在、役者として成功することを夢みつつ、しっかり腐女子になっている20代です。

何かあればコチラまで。hosinoyado2000☆yahoo.co.jp(☆を@に変換)
ブログ内検索
アクセス解析
Admin / Write
忍者ブログ [PR]