忍者ブログ
気のむくままに、更新中… いわゆるネタ。 本館は更新が止まっていますが、日記は儚く動いてます(^_^;) PCからでも携帯からでも見れますが、PCからの方が見やすいかと…。 *関連会社様とは一切関係がございません。個人の趣味の範囲内・常識の範囲内でお楽しみください。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

オリジナル スタラクタイト

ツァミールは目の前に置かれたマンゴータルトを見る。
「嫌いなのか?」
主人である彼女は、無表情を和らげ口に運んでいる。
「いや、嫌いではないけど…」
むしろ昔は好きだった。
だた、幼い時に姉に「毒への免疫をつくる為☆」と言われ、毒入りのケーキを食べ二日間昏睡状態になって以来トラウマがあるのだ。
勿論、このケーキに毒が入っている訳では無いし、残すのも勿体ない。
ツァミールは数年ぶりに甘味を食べようとフォークを伸ばした。
が。
ステンレスの先は、ケーキをかすめテーブルにあたりそうになる。
「要らないんだろ?」
「え、」
「要らないんだろ?」
「……ドーゾ」
彼女は、相手のケーキに自分のフォークを刺した。
(………まぁ、嬉しそうだからいいか)

◇◆◇
彼女は結構我侭です(笑)

***

オリジナル 海賊と魔法使い

シャリ、シャリ、と太陽がサンサンと輝く海上の船の中で、およそ不釣り合いな音が響いた。
「ジェラートなんて久々だよ」
魔法使いは、嬉しそうにスプーンでそれを掬っている。
桃色のそれ。
先ほど立ち寄った港で売っていたジェラート。少々値は張ったが、相手の笑顔が見られたので良しとすべき…なのだろう。多分。
そう、相手は笑顔なのだ。ものすっごく。
それが、実は海賊には気にくわないのである。勿論、相手は自分に対して笑顔を見せてはくれるけれど。やっぱり、自分だけに見せて欲しいと思ってしまう訳で。
「……」
「え、ちょっと!」
最後の一口を、魔法使いの腕を付かんで己の口へと運ばせた。
「あぁッ!!!最後だったのに~~~~!!!吐き出せ戻せつーか死ね!!!」

◇◆◇
あれ、キャラ変わっちゃった…?

***

☆矢 年中組

「何だこれ」
「ケーキだ」
「見りゃ判る」
アフロディーテが持ってきたものはどう見ても紅茶のシフォンケーキである。
ただし一切れ。
「アテナから戴いた。我々に、と言うことだ」
「…嫌がらせが!!!???あんの女郎!!!!」
「デスマスク!恐れ多くも女神に向かって」
「やっかましい!山羊!さっさとハカリを持ってこい!」
「…量るのか」
「こ~なったらきっちりやってやるよ!!!」

◇◆◇
几帳面な蟹。

***

☆矢 三巨頭

「さぁ、ラダマンティス。そのショートケーキを私によこしなさい」
「…お前のはそこにあるだろうが」
「えぇ。ありますよ。でも貴方、甘い物は苦手でしょう?」
見るからに暑そうな色を纏う三人が見るからに甘そうな苺のショートケーキを食べようとしている姿は、ほほえましいと言うか笑えてしまう光景である。
「馬鹿言え。そもそも糖分はエネルギーに直ぐ変わる。俺がお前の分を欲しいくらいだ」
「私のルネが作ったものですよ。貴方には勿体ないです。さぁ、お兄様☆に渡しなさい」
「断る。第一、普通兄なら弟に譲るものだろう」
「何言ってんだラダマンティス。こいつが普通な訳ないだろう」
「ふ。確かにな」
「アイアコス。貴方は黙っていてください。…あなた達二人にこの味が理解出来るとは思いません。さぁ」
「断ると言っている」
「…仕方ありません」
「うを!」
途端にラダマンティスの右手が勝手にケーキを切り、ミーノスの口に持って行こうと動き出す。
「ミーノス!!ひ、卑怯だ!!!」
「貴方が最初から素直に渡せばいいんですよ」
その生クリームがたっぷり付いたショートケーキは、だんだんとミーノスの形の良い口へと運ばれていく。
ぱくり。
「!!」
「あ」
しかしそれを口内に入れたのは…。
「アイアコス~~~!!!」
「御馳走様」

◇◆◇
おいしいドコ取りのアイアコス。

***

PAPUWA 従兄弟ズ

久々にシンタローが腕をふるって作ったガトーショコラ。艶やかなチョコレートのコーティングが光りを反射させる。
甘い物だ好物なグンマは早くに食べ終わってしまい、キンタローのをじっと見ている。
「…グンマ、いるか?」
「え?ううん。もうボクのは食べ終わっちゃっただけだから、キンちゃんゆっくり食べてね」
「いや、しかし…。俺は甘い物は苦手だからお前にやる」
「いいってば。シンちゃんのケーキだよ?おいしいに決まってるから食べてみなよ」
「しかし…」
「いいって」
「だが…」
「いいの!」
「グン…」
「だぁぁぁぁ~~~~!!!さっさと食え!!何やってんだお前等!」

◇◆◇
こんな三人が好きです。

***

ゼノギアス

召し上がれ☆と出された物体にフェイは…いや、イドは遠い目をする。
嫌な予感はしていたのだ。シタンに呼びかけられたその瞬間に。
とっさにステージにあげられ、視界に入ってきたものは、うさんくさそうなケーキとうさんくさそうな笑顔のシタンであった。
「ちょっと暇なので、残った薬草でケーキを作ってみたんですよ~」
「作るなそんなもので」
「体に良い薬草ばかりですから。これだったら子供たちも食べられるでしょう?」
言われてイドはそのケーキをちらりと見る。
真っ黒いケーキ。
「チョコレートケーキだと思って食べてみてください」
(フェイ…覚えていろよ!)
覚悟を決めて、フォークをおろす。

がつん!
ぼきぃっ!

フォークはケーキに刺さる事無く真っ二つに折れた。

◇◆◇
確かシタン先生は壊滅的に料理が下手だったような…。

***

銀魂 沖田と神楽

春なのに夏のように暑い日である。
「あ~。あちぃな。アイスクリームでも食うかねぃ」
自主休日(つまりサボリ)である以前雑誌に載っていたアイスクリーム店に入った。
休日の為、家族連れやカップルが多い店内であるが、そんな事は気にしない。
(え~っと)
ざっとショーケースを見ると、期間限定の夏みかんのアイスクリームが一番人気らしい。あと一掬いで無くなってしまいそうだ。
「おえーさん。な…」
「夏みかんのアイスクリーム、ちょーだいアルね!」
「コラチャイナ娘!それは俺のだぜぃ!」
「む!何アルか?早い者勝ちアルよ!!」
「俺が先に見ていたんだぜぃッ!」
「先に頼んだのはあたしアルよ!れでぃーふぁーすとって言葉、知ってるよろし?」
「お前みたいな子供には縁の遠い言葉だねぇ。…おいおねーさん。ここのケースのアイスクリーム、全部買うぜぃ」
「むっきー!!!じゃあ、あたしは店のアイス全部買うアルね!!」
「そんな金があるんならねぃ」
「きー!あんただって無いアルね!!!」
「ふ。公務員を舐めちゃいけませんぜぃッ!!!」

後日、真選組局長近藤の元にアイスクリーム屋からの請求書が届いたと言う。
「総悟ーーーーーーーーっ!!!!!!!!!」

◇◆◇
貧乏くじは近藤さん(笑)

拍手[0回]

PR

「…土産だ」
そう言われ手渡された物を、ラダマンティスは反射的に受け取った。
「…??」
「女神のお伴で日本に行ってな。ついでにペガサス達に捕まって保護者をやらされた」
なるほど。道理で少し疲れている顔をしているのか。
その貰った土産の袋に、ラダマンティスは見入っている。
「どうした?」
「…いや、初めて見る筈なのだが、どこかで……二色の髪のひよこをここで捕まえた様な記憶がある」
「はぁ?なんだそりゃ?」
「よく分からん」
「まぁいいや。折角だからあけてみろ」
ガサゴソとやたらファンシーな柄のビニールを開け、これまたファンシーな紙袋を破いて中身を確認する。
「……」
「どうだ?」
どうだと言われても。
「下着だな」
「おう。似てるだろ」
「何が」
「柄」
「誰に」
「お前に決まってるだろ」
こともなげに目の前の情人は言ってのけた。ちなみにそのキャラクターは「くまの●ーさん」である。
この呆けた顔の何処が自分に似ているのだろうか。
「どのあたりが」
「黄色くて丸っこくて可愛いトコ」

◇◆◇
その記憶は隊長ですよ子安さん(笑)

***

例えばです。
日ごと赤の番人になる為に努力しているリキッドに、赤の秘石からご褒美が出ました。
「一週間、ディ○ーランドで遊びたい放題ですよ。ただし、その期間番人が居なくなります。
その為何かあっても対応できません」
さて、どうしますか?
「そんなの決まってるじゃないですか。勿論――……う、でもなぁ。いや、でもご褒美って事は、でも誰も代わりいないし…ジャンさんは使えないし…でも一週間、特に何もないし…でも…」

◇◆◇
悩むリキッド(20)。つーか悩むなよ…。

拍手[0回]

「…なんだ?押し花の王冠…?おい、パプワ、これなんだ?」
「去年の今頃、リキッドがハーレムに貰ってたゾ」
「……なるほど。…ここにもメルヘンが居た…」

◇◆◇
第一メルヘンはキングン。第二メルヘンはハレリキ(笑)


***

「瞬、紫龍、氷河、ついでに一輝!頼むお金貸してくれ!!!」
「えぇ?そんなに買うものあったっけ??」
「プレゼント代すら間に合わないんだよぅ~~~」

◇◆◇
3月はホワイトデー&誕生日ラッシュな星矢。

***

いつものように…と言っても一ヶ月ぶりだが、『いつものように』彼は突然空間から出現した。そして周囲の状況などお構いなしに、横柄に言い放つ。
「やる」
そう言うといきなり相手に向かってピンク色に光る『何か』を放り投げた。
反射的に受け取るとそれは以外に小さく、少なくとも害はなさそうだ。
「…??」
それは親指程の大きさで、表面は濃い桃色で光沢があった。よく見れば、濃淡がありまるで炎のようだった。
「…コ、コンクパール!」
それに真っ先に反応したのは、部下の一人だった。
「知っているのかクィーン?」
「は。確か…真珠の一種でごく一部の貝、しかも五万分の一の確立でしか商品になるものは手に入らない、と聞いた事がございます」
「…見つけたからくれてやる」
「…いや、しかし、そんなに貴重なものなら、価値の分からん俺なのではなく…」
「俺からの物は受け取れないのか!?」(重低音)
「ありがたく貰い受ける!」(即答)
(なんだかなぁ~。この二人)
その場に居た部下は全員で遠い目をした。
「要らないのなら、そこの眼を輝かせている部下にでもやれ」
そういい残すと、また空間に消えた。

その後小宇宙で保護膜を張った状態で専用ケースに入れ、それを嬉しそうに眺めるラダマンティスの姿があったと言う。

◇◆◇
星矢たちにホワイトデーの話を聞いてお返しをした模様。しかし、ホワイトデーは日本独自の文化なのでラダは知らない…。

***
「んで、なんの用っすか?」
「日本にはバレンタインデーにチョコを受け取った方は、今日3月14日にお返しをすると言う習慣があるんですよ」
「へ~。で?」
「私はまだあなたから貰ってません!」
「帰れ!俺はあんたから貰ってもちっとも嬉しくなかったぞ。つうか、あんたそれ狙ってただろう?
「あら?なんの事です?私は日頃の感謝の気持ちを表しただけですわ。ただ、みんなが気を利かせて、色々と下って…。日頃、イタリアの伊達男を気取っているあなたですもの。ちょっと期待しているだけです」

◇◆◇
女神と蟹

拍手[0回]

「アルデバラン、其所を退け」
黄金を纏うかつての仲間に向かって、闇を纏った罪人は言った。
「……」
しかし、彼は語ることなく。
「…アルデバラン!」
「……」
「アルデバラン?」
「……」

ただ、たたずむだけ。

「アルデ、バラン…?」
「……」
「……行くぞ、カミュ」
「急がねばならない。全ては…冥王ハーデス様の為に」

全てはアテナの為に。

二人はその横を静かに通り抜けていく。

――優しきかつての友よ。
すまない。

謝罪は声に出す事も許されず。
後ろを振り向く事も許されず。

だた一人、唇を噛んだ。

◇◆◇
年少組は年少組で、絆は深いと思います。
でもカミュってあんまり動じなさそう。むしろシュラの方が適役か。


***


「…で貴様等、俺の半身をどうした?」
少年は親指の爪を噛み、笑いながら言う。
目の下は黒く、耳は極端に長い少年。
「少しは落ち着いたらどうです。王天君」
「黙れ。道化。…答えろ。貴様等、大公望の魂を何処に隠した?」

◇◆◇
…突然思いついたネタ(笑)二人の魂を再び分裂させたらどうなるんでしょう?

拍手[0回]

ハレリキの場合

リキ「えーと、…意外に頼りになるところ、です…」
ハレ「リッチャンの好きなトコ~??決まってるだろ!全部だ全部!!!」
リキ「たたた隊長ぅ!!!」

ロドマカの場合

ロド「ん~とね、結構同僚&弟子思いなんだよ~~~ああ見えて優しーんだ」
マカ「好きなとこだと?そんなものはあるわけがない!!!」
ロド「がーん」

ジャンサビの場合

ジャン「え、そんなの全部だな。強いて言うならちょっと自虐的なトコあるから護ってあげたいな~って思うが…」
サビ「私に尽くすところだ」
ジャン「今、俺はサービスの為だけに存在しているから」

キングンの場合

グン「キンちゃんの好きなとこ~?沢山あるけど、あ、昨日僕の大好きなケーキを作ってくれたよ!美味しかったな。キンちゃんはね、不思議といつも僕が欲しいのを分かってくれるんだ!」
キン「危なっかしくて目が離せない事があるが、それは『好きなところ』とは…言わないな。…そうだな、いつも、笑っていてくれる事か。あの笑顔にいつも助けられている」

◇◆◇
まだあんまり煮詰めて無いです。


***

デスアフロの場合

魚「料理がうまい事だ」
蟹「そこだけかよ!!」
魚「それと仲間思いなところだな」
蟹「何寝ぼけた事を言ってやがる」
魚「私は言ったぞ。君は?」
蟹「さぁな」
魚(じ~)
蟹「……」
魚(じ~~~~~~~~)
蟹「だぁぁぁ分かったよ!言えばいいんだろ言えば!!」
魚「そうだ」
蟹「美人なとこ?」
魚「……」
蟹「待て待て、怒るな、薔薇下ろせ。美人も立派な個性だって。俺、お前より美人ヤツ知らねぇし…後にも先にもお前より綺麗なヤツはいねーよ」
魚「サガよりもか」
蟹「…だからなんでそこにサガが出てくるんだ…」

ラダカノラダの場合

カノ「好きなところねぇ…」
ラダ「済まないが、仕事が残っているので…うぐ!」
カノ「(逃がすか馬鹿)…改めて聞かれると難しいが、傷ついたり泣きそうな顔は結構可愛くて好きだ。こう、一本しかない眉が寄ってな。面白い表情になる。加虐心をあおるな」
ラダ(それって…)
カノ「後は言わないでおく」
ラダ「俺は、そうだな、意思の強さを宿した瞳だ。後は……いや、何でもない」


◇◆◇
結局はベタぼれだったり。
続きはちょっとカノン独りよがり編(笑)

***

拍手[0回]

「おいヤンキー。エライご機嫌良さそうだなぁ?」
「シシシ、シンタローさんッ!!」
「獅子舞は甘いの苦手だぜ?」
「なななななな、何の事でしょう???」
「…バレバレだっつーの…」

◇◆◇
ジャンも四苦八苦してたり。…ジャンお菓子作れるのか?
貴方は居ないけど、貴方の為に作る。

***

「皆さんご存じと思いますが、日本にはバレンタインにチョコを渡すと言う、めんどくさい…いえ、可愛らしい習慣があります。」
「…毒舌だなぁおい。」
「お黙りなさい。そこの蟹。…私から皆さんに日頃の感謝の気持ちをこめて、逆ロシアンルーレットチョコレートをプレゼントいたします。」
「有り難き幸せでございます。しかし、その逆ロシアンルーレットチョコレートとは?」
「チョコレートの中にダイヤが入っています。それが当たりです。当たった方には、時期教皇の地位を…。」
やめてくださいっ!」

◇◆◇
最後は全員でツッコミ。

 

***

「聞いたところによると、今日はバレンタインデーという日らしいな」
「そうだ」
「…で、お前の部下の誕生日らしいな」
「そうだ」
「ギャグか?」
ほっといてやれ。で何のようだ」
「イギリスで始まったと聞いたが?」
「そう、だが…」
「お前の椅子の裏に隠してある薔薇、俺が貰ってやらんでもない。差し出せ

◇◆◇
こんな恋人はどうですか。…どうしよう。うちのカノン。ラダカノ?カノラダ?ラダがあげるからラダカノかな。
イギリスでは男性から薔薇の花束を渡すらしいので。

 

***

「なぁ」
「なんだ?」
「何で俺へのプレゼントなのに俺が作ってるんだよ」
「今日、女神から日本ではチョコを渡すの聞いたのだ。しかし私の宮にはチョコが無い。だが君の元にあった。私は君に渡したい。しかしチョコの原料は君が持っている。だからだ」
「…意味がわかりません…」

◇◆◇
デスはアフロの尻に敷かれていればいい(笑)

拍手[0回]

「なぁ、ソープ。俺は時々思うんだ。この世界には永遠に続く年表があって、俺たちはその流れにそって生きているってな。お前はどう思う?」

決して逃れる事の出来ない運命。

--私タチノフォーチュン?

--残念ながら、僕たちはそんなに永く生きられない。

--ルース様…どうかお元気で…。

--ヴァイオレット・シバーレス?

「…それを僕に、…『僕たち』に尋ねるの?」

「…いや、すまんな」

 

◇◆◇

ちょっとトライしてみました。FSS…恐ろしい。そして回想の台詞うる覚え(調べろよ)。

 

***

「道標などいらぬのだ」

誰かの意思で決められた未来など。

そんなものはあってはならぬのだよ。

黒衣を纏った少年は、かつての最愛の同志にそう告げた。

 

◇◆◇

藤竜版封神演義。

 

***

「私と共に来い。神々などの自由にはさせぬ。既に神話の時代など去ったのだ。我らの道は我らが選ぶ。そこに女神の入る隙間などない。…貴様等に見せてやろう」

誰が地上の守護者なのか。

あんな小娘に何が出来る。

 

◇◆◇

星矢。ちょっと黒サガの言い分を考えてみた。…ロスの誕生日なのに欠片も居ない(苦笑)

拍手[0回]

カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
ホシノヤドリギ
性別:
女性
自己紹介:
現在、役者として成功することを夢みつつ、しっかり腐女子になっている20代です。

何かあればコチラまで。hosinoyado2000☆yahoo.co.jp(☆を@に変換)
ブログ内検索
アクセス解析
Admin / Write
忍者ブログ [PR]