忍者ブログ
気のむくままに、更新中… いわゆるネタ。 本館は更新が止まっていますが、日記は儚く動いてます(^_^;) PCからでも携帯からでも見れますが、PCからの方が見やすいかと…。 *関連会社様とは一切関係がございません。個人の趣味の範囲内・常識の範囲内でお楽しみください。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

双児宮にある一室にたどり着き、漸く主賓たちは寛ぐことが出来た。
同時にため息を吐いてしまい、互いに顔を見合わせて噴き出す。
「お疲れ様、カノン」
「あぁ~、全くだ。あいつら騒ぎすぎ!」
兄は弟を労い、弟は兄に甘える。
こんな関係に慣れ始めたものの、やはりどこかこそばかゆい。それを兄に知られたくなくて、弟は捲し立てた。
「特にあのカミュは何なのだ!アイザック、アイザックと!
そんなに心配なら逢いに行けばよかろう!
俺は筆頭として許可するぞ!」
「私も、女神の親書を持たせ、海界に行かそうとしたんだがな…」
「…来たことないぞ」
「何だかんだと言って、断ってくるのだ。
一度女神御自らご命令を下された方が良さそうだな。
あの様子では…」

サガは笑いながら水瓶座の聖闘士の様子を思い出す。
最初は他の者たちと同じように談笑し、祝ってくれていたのだが、酒が入って暫くすると、ムウと話していたカノンの側に寄り、愛弟子アイザックのことを根掘りはほり訊き始めたのであった。
「俺は上司かもしれないが、母親ではないんだぞ!
ヤツの体調など知らんわ!」
カノンは吐き捨てると、ソファにどかりと腰を沈めた。
「まあ、良いではないか。
カミュも心配なのだろう。…そちらはまだ若いものたちが多い。自ずとお前に負担がかかろう。
彼は、弟子がお前の足を引っ張ってるのではないかと、気が気ではないのだろうよ」
「それならば心配無用だ。あいつは誰かに似て無口だし、飲み込みも早い。頑固なとこまでそっくりだ!」
テーブルにある水差しを乱暴に掴み、そのままラッパ飲みを始めた。ごくごくと喉が音を立てる。
「落ち着いたか?」
「それなりに」
「そうじゃない、いや、そうなんだが…」
「?」
優秀な兄ではあるが、何かを気遣い、あるいは気にして、言い淀む時がある。そんな時、第三者として口を挟むことは多々あるのだが、如何せん心当たりが無い。
何か先ほどのパーティーでやらかしたか?と記憶を探ってみても同じだ。

困ったカノンは前髪を軽く撫で付ける。
「その、ピアスだ」
「へ?」
「…貰ったもの、なんだろう?」
「あ、あぁ」
カノンの耳元には一対のベネチアンガラスのピアス。アーネストから贈られたものだ。
「金とマリンブルーか。良く似合っている」
「イギリスのパブで知り合った学生なんだが…あぁ見えてセンスが良いみたいだ」
「……よかったら、今度連れてきなさい」
「あぁ、…ってうえぇ!?」
兄の思いもよらぬ発言に、弟は思いっきり仰け反った。必然的にソファも後ろにずれる。
「…弟の友人だ。それくらい当然ではないのか?
流石に聖域は無理だか、国内の何処かに案内する分には問題無いだろう。
誕生日を共に祝えなかったお詫びだ」
「お、おぅ」

もしかして、この兄はずっと気にしていたのだろうか?今朝、これを身に付けてからずっと…。
(う、わぁぁぁぁ!)

カノンは恥ずかしさに襲われ体を揺すり心の中で絶叫した。
ガタン、と反動でソファが今度こそひっくり返った。

◇◆◇
え、何年ぶり?
まさしく宿敵と書いて友と読むってことで。

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
245  244  243  242  241  240  239  238  237  235  234 
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
ホシノヤドリギ
性別:
女性
自己紹介:
現在、役者として成功することを夢みつつ、しっかり腐女子になっている20代です。

何かあればコチラまで。hosinoyado2000☆yahoo.co.jp(☆を@に変換)
ブログ内検索
アクセス解析
Admin / Write
忍者ブログ [PR]