忍者ブログ
気のむくままに、更新中… いわゆるネタ。 本館は更新が止まっていますが、日記は儚く動いてます(^_^;) PCからでも携帯からでも見れますが、PCからの方が見やすいかと…。 *関連会社様とは一切関係がございません。個人の趣味の範囲内・常識の範囲内でお楽しみください。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

別にいちゃついている訳では無いのですが、まぁ、ちょっとあれなんで隠します。

拍手[0回]

PR
妙な夢を見た、とアクセルにしてはボンヤリと呟いた。



今、彼女が飲んでいるのは鎮痛作用のあるハーブティである。この1週間程、腰に鈍い痛みを覚えるらしく、眠りが浅い。隣で寝るダウは毎晩、頻繁に寝返りを打つ彼女に合わせて患部を摩っている。

主治医たちに診てもらっても特に異常はないらしい。



「どんな夢?」

「…女の子だ。知らない女の子が一人、遠くから私を見ている」



ソファの背もたれに寄りかかり、天井を見上げた。慣れ親しんだシャンデリアさえも、今は目に痛く、直ぐに瞼を下ろす。

ダウはソファの横に移動し、手袋を外す。そしてその弱い瞼にそっと手のひらを置いた。

手袋の革のにおいがする。



「どんな子?」

「わからない。多分起きると忘れているんだろうな。ただ、初めてではないと思う。今までも…何度か夢で会っているはずだ。おそらくな」



夢は常にあやふやなものだ。思い出そうと頭の中を探っても、それはとっくに霧散している。再び形作られそれを見ると、懐かしさを覚える事はよくある事だ。



「私の方をずっと見ているをだ。ちょっとふて腐れた感じでな」

「ふて腐れ、って…。随分感情がある夢だなぁ」



「そうだな」



僅かにアクセルは口元を綻ばせ、ダウと二言三言話をすると、寝入ってしまい、この不思議な夢の話はそこで終わった。







そして、その件の少女が今目の前に居る。

勿論、夢である。何故ならさっき床に付き、ここ数日の日課となっている相手への、文字通りの“手当て”をしていたのだから。



恐らく10才前後だ。

だが、アクセルは「遠く」と言っていたが…。



(近!)



目の前も目の前。1メートルも離れてない距離から、睨み付けられている、ような気がする。



(ふて腐れってレベルじゃねーよー!超不機嫌だよ!)



この睨みに何となくデジャ・ビュ。



「あっと、ハジメマシテ、?」



とりあえず、スキンシップをはかろうと、目線を合わせて挨拶をしてみる。



「……」



無反応である。



「あのなぁ。初対面でメチャクチャ不機嫌で、挨拶しても何の反応もし無いのは、流石に失礼だぞ」

「……」

「……」

「……」

「……」



やはり返事は無い。

親の顔が見てみたいと本気でダウは思った。



「…何かリアクションぐらいはしてくれ。頼むから。

で、アクセルの夢に出てきて、俺のとこに来るんだから、何か言いたい事があるんだよな?

最近のアイツの不調と関係があるのか?」



漸く少女は頷いた。



「それは、病気とか怪我とかか?」



横に首を振る。



「じゃあ、何かトラブルに?」



また横に振った。



「う~ん…そんなに心配する事じゃないのか?」



今度は縦に振った。



「…そっか。ありがとうな。アイツ、結構不安がってたからさ。伝えておくよ」



礼を込めて、様子見しつつ少女の頭を二回撫でる。



(あれ?)



意外にも少女は逃げる素振りを見せず、大人しくそれを享受している。だが、表情は変わっていない。もしかすると、この不機嫌な顔が、この子の素なのだろうか。



(ふむ)



試しにダウは再びしゃがみこみ、目線を合わせて――。



ぐにっ



両の手のひらで、少女の目元と口元を挟み込んだ。

ぐにぐにと前後左右に動かしてみる。

目立った反応は無いが、何だかより一層睨まれている気がする。

いや、睨まれている。



「…ゴメンナサイ」



ここは素直に謝っておこう。その方が身のためになりそうだ。



折角縮まった距離が、又しても広がった事をヒシヒシと感じていると、少女は右手を差し出した。

まだ細くて、タンポポの如く可愛らしい指だ。



「えっと?」



少女は動かない。



(触れろって事か?)



実は最初から魔力の波動を読んでいるのだが、彼女の中はがらんどうで、ぽっかりと空間が出来ているようだ。

相手の意図は分からない。しかし敵意を全く感じない。

ここは、彼女の意思に沿うべきなのだろう。

そう判断をすると、ダウは少女の右手を取った。







「―――っ」



次に目を覚ますと、いつもの天井が飛び込んできた。

隣からは落ち着いた寝息が聞こえる。

サイドテーブルの置時計を確認すると、最後に見てから一時間もたっていなかった。



「……」



あの少女は、アクセルが話していた子だろう。朝にでもアクセルに伝えた方がいいのかもしれない。

ダウは恋人を起こさぬようゆっくりとベットを抜け出し、覚えている事を書き留めた。





◇◆◇

何だかダウと少女が、ラグナとスコールみたいになった…。

拍手[0回]

元を辿れば、伝説に近い話だ。



まだ世界が一つだった頃の話である。

ダウたちの種族と共存共栄していた時代。

“彼ら”には死を悟ると、己の魔力の塊である瞳を、親しい者たちに形見や魔除けとして渡す風習があった。



それが『天使の瞳』と呼ばれるもの。



『天使の瞳』が同種族に渡るなら問題は無いのだが、それが他種族の物となると、巨大な魔力によって富を得られると言う。

また、元々虹色に光る瞳である。その美しさからも『天使の瞳』は狙われ、争いが起きた。

彼らの種族は激減し、ついに世界を二つに分けることにした。





その一つが、この屋敷にあるのだ。





あの視線は、同胞の一部を見つけた動揺だった。あの時の衝撃が再び、ダウを駆り立てる。

だが。



「それで、お前はどうしたいんだ?」

「あ~、そうだなぁ」



彼女の優しい熱が、冷えた芯を溶かしていく。

じっと見つめられるだけで、ふつふつと沸き出していた怒りが、撫でられていく。



「う~ん…。実は、取り返すことも考えたけどさ。

さっきも言ったけど、誰も正体を知らないだろうし。本当に形見として渡したものかもしれないからな」



彼女の鳶色がじっと見上げてくる。



『天使の瞳』は美しく力もある。しかし、ダウにはその何倍も、こちらの鳶色の方が価値があるのだ。

元の世界でもこの風習はすでに無く、幼い頃に一度父親から実物を見せられた事があるだけだ。

その時はただ不気味なものにしか思えなかったが、死しても共に居たいとの想いは、理解できる。



「だから、いいや。

大切にしてもらってるみたいだしな」

「そうか」



ダウは目蓋を閉じ、あの『天使の瞳』を思い浮かべた。

金の縁はまだ新しく、『天使の瞳』とは年代が一致しない。

そしてあのペンダントに残る波動は穏やかだった。

つまり、本来の瞳の持ち主が全てを受け入れ、瞳を取り出したのだろう。

それは絆があった証に他ならない。



ダウは、愛しい鳶色に軽く口付けた。



「いつかお前に俺のを一対やるよ」

「…いらん。バカ者」

「残念」



思いっきり眉を寄せた相手を、小さく笑いながら強く抱き締める。



「さっさと寝ろ。明日は叩き起こすぞ」

「へーい」



体温を感じながら目を閉じる。直ぐに心地好い闇に身を委ねた。





◇◆◇



うっかり暗い話になりかけたので、路線変更したら、別の意味でうっかりしてしまいました。

ヤツラは一戦終了後で(爆)

どーでもいい設定はあるんです。

でも、アクセルを酒好きにしたのは予☆想☆外☆

拍手[0回]

彼の様子に小さな違和感を覚えたのは、会談…と言う名の雑談の最中だった。





相手は世界でも指折りの商人で、その誕生日祝賀会とやらに兄の代わりとして出向いていた。

ダウは何時ものようにアクセルのやや後ろに影のように佇んでいる。

その、彼の雰囲気が、一瞬だけ膚に突き刺さるものに変化したのだ。

念のため、アクセルは注意深くその商人を観察したが、特に怪しむものは無かった。しいてあげるならば、彼が身に付けていたペンダントヘッドが、嫌に目についた事くらいである。







「酒とお茶、どっちだ?」

「…いや、お前飲ます気満々だろーが。つか、俺、一応仕事中なんだけど?」



与えられた一室のドアを開け、アクセルは廊下で警護にあたるダウに声をかけた。

ちなみに酒瓶を持ったままである。



「さっきのパーティーで結構飲んで無かったか?」

「あんなバカ騒ぎの中で味わって飲めると思うか?

これはここの名産らしい。話のネタに飲まないとな」



返事など最初から聞くつもりなどないアクセルは、ダウの腕を掴み、そのままソファへと座らせた。



「…一杯だけだからな」

「善処する」



半ば引き摺られる形で部屋に入れられた彼は、やけくそ気味に上衣を脱ぐ。

目の前の相手が、一杯で済む筈がないのだ。

とっさにこのソファとベッド、出入口までの距離を計算し、気付かれない様に小さく息を吐いた。







カチカチカチと時を刻む音が、昔は恐ろしかった様に思う。

深夜の闇に覆われて、独りである事が恐ろしくて。



寒かった。



その寒さから逃れる為に、よく体を丸めた。

今は隣に体温を感じるのに、頭の芯までは温めてくれない。



目蓋を閉じれば浮かび上がり、目を開ければあの輝きの残像が残っていた。



「酒の力で眠れないか?」

「悪い、煩かったか」

「隣でごそごそされたら醒める」



言葉とは裏腹に、彼女の口調は優しい。

アクセルは背を向けるダウにそっと両手を這わせた。



「昼には帰るぞ。気になる仕事がある。準備をしておけ」

「いいのか?スケジュールが詰まっていただろう?」

確か、自慢の湖の畔でなにやらイベントがあった筈だ。珍しい渡り鳥が来ているとか。



「義理は果たしたし、顔は十分売った。

それに“私も”あまり彼が得意では無いしな」

「…バレてたか」

「あんな視線で隠していたつもりか?首の皮がひきつったぞ」

「あ~、ごめん…。直ぐに引っ込めたんだけどなぁ~」



あの商人を見た時、否、あの商人が身に付けていたものが何であるが気付いた時、体の中から凍りついたのだ。



ダウは体を彼女の方へ向けると、そのまま抱き締める。



寒いのだ。

あの時の寒さが消えない。



彼女は何も言わずに抱き返してくる。

じわりと触れ合った所から、漸く熱が入って来た。



「…アイツの着けていたペンダントを覚えてるか?」



「ダイヤ形のペンダントヘッドだったな」



直径は1センチにも満たない、金で縁取られたものだ。だが、それ自体から不思議な鈍い輝きを放っていた。

赤・蒼・碧・黄・紫。

それらが混じり合った色。

そして、そのダイヤから放たれていた微弱な気配。



「なんだと思う?」

「…そうだな。螺鈿か何かかと思うが、いや、それにしては少し、魔導に近い波動を感じた。

てっきり古いマジックアイテムだと思っていたが」

「あれは『天使の瞳』だ」

「!」

「かなり加工してあるし、結構な年代物だから、俺も最初は分からなかったんだ」

「間違い、無いのか?」

「あぁ」

「…まさか、現存しているとは」

「…あぁ。多分、誰も知らないんじゃないかな」



アクセルを抱く腕に力がこもる。彼女は静かにその腕に掌をのせた。





◇◆◇



予想外に長くなった!

拍手[0回]

彼女はよく空を見上げていたはずだ。
それは昔の、まだ子どもだった時の記憶だった。


少しばかり時期外れの休暇をもぎ取り、アクセルたちはある山へと来ていた。
ここは、かつて彼女の一族が治めていた土地であったらしく、手が離れても往き来はそれなりにあるようだ。
その山荘のテラスで、読んでいた本を閉じたまま、彼女は空を見ていた。
今は夜。
ダウもつられて見上げれば、白く輝く星が降り注いできそうだ。

「翔んでみるか?」

そんな言葉が出たのは別れる間際の事を思い出したから。
まだ何も知らないでいられた、昔を。

「何?」
「空、翔んでみるか?」


――もし、また会えたらさ、空を一緒に翔ぼうよっ


あの時の少女は何も言わずに瞳を大きく見開いていた。今のように。

「出来るのか?」
「じゃなきゃ誘わないって。ちょっと準備に時間かかるけど
ここなら山奥だし、一回周回するぐらいなら見つかんないだろ」
「そうか。なら構わない」
彼女が立ち上がると、ダウは魔力を高め始めた。
本来なら彼の瞳は虹色に光っているのだろう。流石にここでも彼はアイレンズを外そうとはしなかった。

ダウは魔力を額へと集中させる。

「?」

すると、短い彼の銀髪が下へ下へと、落ちていく。
髪が延びているのだ。
やがて地面に付き、くるりんっと跳ねた。

「うしっ!さっアクセル、此方へ来てくれ」
「あ、あぁ」

前髪さえも長く、なんだか雰囲気が違う。
戸惑いながら、差し出された手を握ると。

銀髪が一斉に宙を舞った。
「翼…?」
「俺がやるとあんまり綺麗じゃないんだけどさぁ…」


目の前にあるのは銀の翼。


◇◆◇
イメージはヤダモンではなく、ゼノギアスの方です。
どっちかっつーと。

拍手[0回]

灰色掛かった石の廊下を、深緑色の制服を纏った人物が歩いていく。銀で縁取られた生地が、ランプの光に照らされ、鈍く輝いていた。
やがて、その人物の動きが不意に止まる。
「ダヴ、居るな?」
「おうよ!」
誰も居ない空間に問い掛ければ、背後で聴こえる大きな声。つい数分前まで、この廊下には一人の人間しか居なかった。そこへ、あたかも最初から『そうだったように』ダヴは相手の傍に立つ。
「…これからは姿を消さず、私の後ろに居ろ。
その方が自然だからな」
「自然、ね」

人外であるダヴがヒトであるアクセルの近くに侍ること自体、十二分に不自然なのだが。

「それは命令?」
「いや、依頼だ」
「“お願い”なら喜んで」「好きに取れ」
「お言葉に甘えて」


◇◆◇
素直になれない、ってのを書きたかったんです(笑)

ツンデレ?

拍手[0回]

「…髪か」
「へ?」

夜会への出席の為に迎えに来た相手の姿を見て、最初の発言がそれだった。
それなりの力を持つ要人のパーティーなので、一応気を使ったらしい。彼の銀髪はカットされ整えられていた。
もっとも、そうするようにメイドたちに言い含めたのは、他ではないアクセルなのだが。

「馬子にも衣装とは良く言ったものだ」
「言われると思ったよ…」

メイドたちに散々弄られて鏡の前に出された時の衝撃と言ったら!

普段、割りとカジュアルな格好の為、こ洒落た服には違和感があったのだが、あれよあれよと髪を切られたりメイクされたりすると、ちょっとした貴族の青年に見えなくもない。
手伝ってくれたメイドたちは「これでどんな方にも引けをとりません!」と口々に褒め称えてくれた。
俺もヤルじゃん!と内心ガッツポーズをしたのは秘密である。
その分、普段、自分がどう思われているのか気になるが、そこは敢えてスルーをした。

着せられた服は、少し軍服を意識したデザインなのだろう。色調は紺碧で、詰襟があり、嫌味にはならない程度に白い刺繍がされていた。
手首にも同じ鳥の様なデザインの刺繍がされていた。
メイド曰く、この家に代々伝わるものらしい。
装飾はそれだけである。シンプルであるが、ダヴはかなり気に入っていた。
ただ、こちらの世界のものなので防御力や耐久性には不安が残る上に武器もそうそう隠せないが、簡単な攻守の護符を貼り付けたので何とかなるだろう。

「ありがとう、何かわざわざ仕立ててくれたって聞いたぞ」
「礼ならメイドたちに言え。お前の軍服が見てみたいと言うのでな。面白そうだから乗っかってみた。
似合わなかったら盛大に笑おうと思ったが、残念だ。実にな」
「…うん、最後の情報はいらない…」

彼女のSっぷりは今日も絶好調らしい。

「私はお前を弄るのが趣味だからな」
「俺、頑張るよ…。
でもさ、今夜の俺のお目当ては、アクセルのドレス姿だったんだけどな~」

ダヴにとっての一番のメインは、アクセルの安全…よりも今日は彼女の姿だったのだ。
身体のラインが出るのも捨てがたいが、ダヴの好みはフリフリであったりする。

(絶対に着ないってわかってるけどな!)

所詮は夢である。

「今夜のは仕事だから仕方あるまい。魔導師とは言え、軍の末端だからな。諦めろ」

勿論、普段の軍服より数段華やかではある。礼服に近い。
ベルベット生地のワインレッドを基調色にし、それこそ刺繍はダヴのとは比べ物にならないほど豪華で、上衣は元よりスラックスのサイドにも施されている。
詰襟の下には小さなマジックアイテムの透明な宝石が埋め込まれているが、一般の人には眩い輝きを放つダイヤモンドにしか見えない。

「いや、わかってる、けど」

たまには惚れた相手の違う姿が見たいのだ。軍服姿もいいのだが、元々中性的な顔立ちな為、厳つい軍服だと、少年というか何というか…とにかくアンバランスで危ないのだ。
…色々と。

「…ふむ」

ブツブツ呟く彼の胸に手を添えて、相手の耳許に唇を近付けた。
彼女の甘い匂いに誘われて、相手へ目線を落とす。
熱を孕んだカカオ色の瞳が、物欲しそうに瞬き、見上げてきた。
そして吐息混じりに囁く。

「深夜に私の部屋に来い。着飾って待っていてやる」

最後に頬に掠めるようなキスを、一つ。

「!」
「時間だ。行くぞ」

右手で己の頬を叩き、そのまま顔全体を覆う。

「こんな時に誘うなっつーの。集中出来ないだろうが」

この夜は、長くなりそうだ。


◇◆◇

服の説明って難しい…。

拍手[0回]

メモメモφ(..)





主人公 ツァミール(通称ダヴ・パドックから変更)




性別 男




年齢 二十代




外見 そこそこ長身、銀髪で色黒、瞳は虹色に発光するので、普段は赤のアイコンタクトをしている。




服装 体を隠すために、コートやらマントやらを纏う。




武器 あちこちに色々隠し持ってる。愛刀は腰にさしてる小回りのきく中刀。後はナイフやら針やら鞭やら。(その為に体を覆っている)



魔法みたいなのが使える。



ドクラエ的に言えばレンジャーみたいな。



ブーツは仕込みブーツ。




性格 明るい。ひょうきん。




備考 根本的に人間じゃない。元は黒髪で色白だったが、大怪我をして、手術をして以来、今の姿になった。



戦闘スタイルは、体力無しの後方支援型(ハガレンのヒューズ?)



ヒロインの事が大好きで、割とMの気がある(←重要)



ヒロインの用心棒的なことをしている。



只今妊娠中の姉がいる。義兄とは仲が良い。














ヒロイン シシィ(通称アクセル。本名は長い)




性別 女




年齢 十代後半~二十代




外見 身長は女性にしては高く、スレンダー。胸無し。茶髪で黒い瞳、目付きは悪い。




服装 仕事柄軍服。目指せオスカル!




武器 剣。




性格 一見するとクールビューティーだが、実はいたずらっ子。寧ろS。




パドックイジメが好き。




備考 魔法剣士。



病弱な兄がいる。若いがバツイチ。



元旦那とは政略結婚だったが、仲は良かった。義理の息子はたまに屋敷に遊びに来る。



パドックのものは自分のものである!



某遊●王の社長みたいな(笑)


拍手[0回]

相手から繰り出された回し蹴りを、ダヴは上半身を反ることでかわした。

(野戦の模擬戦、ねぇ)


先日、雇い主から言い渡された命令は「模擬戦に出ろ」だった。
今、彼が戦っているのは身辺警護をする騎士団の人間である。

本来なら「騎士らしい」戦い方をするのだが、一度戦場に出たらそんな事は言ってられない。武器が無くなれば、素手や石などその場で調達出来るものを使わなくてはならないし、相手が怪我人だろうが相手の背後からであろうが、襲わなくてはならない時もある。


その様な場合の戦いを学ぶ場所、らしい。


(そりゃ、理屈は分かるが…)


ダヴには全力でやれない理由があった。

彼は、人間ではない。

人外の力を出せないのだ。

あまりに不自然なスピードや動き、呪文なしの魔法…等。

だから『テキトーに戦っているが、周囲からはそうは見えない』必要がある。これが中々難しいのだ。
それなりに相手の攻撃も受けなくてはならない。


相手の右フックがちょうどこめかみに入った。

(!)


流石にこれには脳震盪をおこし、地面に膝がつく。そこに、左膝蹴りが顔面に近付くが、何とか両手でガードする。
相手が一度退いたのを確認して…。
ダヴは左顔を片手で抑えながら、参った、と告げた。






「いででで」
「手を抜いたな?」
控え室に戻り、冷やしたタオルを押し当てていると、笑いを噛み殺した声が入ってきた。
「お前ね、本気でやったらバレるだろ。しかも、結構モロに決まったから痛いの」

脳震盪は演技ではなかった。 だから潮時だと思い降参したのである。

「相手はまだやれそうな雰囲気だったけどさ、まあ、いいタイミングだったでしょ?」
「どうかな、彼は元々傭兵上がりだと聞いている。何か察知したかもしれない」
声の主は、ダヴの前にあるソファーに腰掛けた。
「俺にどーしろって言うのヨ。アクセル…」
「向こうは、流石にお前の正体までは分からないだろう。
…見せてみろ」

アクセルは、少し身を乗りだし、彼のタオルを引き剥がす。
「さして腫れてないじゃないか」
「パフォーマンス、もあるんだけど…、アイレンズがフックの時に外れちまった」
ゆっくりと彼は左目をあけた。



現れた瞳は、七色に光っている。


これが、彼が人間でない事の証だった。


◇◆◇

えーと、ドラクエ9のツァーリくんの元ネタキャラのダヴくん。本名はツァミールといいます。
本名でも人間じゃないのが分かっちゃうので、コードネーム?で呼ばれてます。
パドックから名前をダヴに変更しました!(11月25日)

アクセルは、同じくドラクエ9のシシィの原形。
一応女性なんです…。

拍手[0回]

次に会った時は、消毒液の臭いが漂う部屋だった。





誰よりも愛しい彼、その顔に刻まれた醜い傷。

額から鎖骨まで一気に走るそれは、彼に躊躇が一切無かったことが分かる。

剣自体手入れがされてなかったのだろう。傷はギザギザで所々ひきつっている。

「自分で…やった?」

崩れ落ちそうになる足を叱咤する。

「そうだよ」

「な、ぜ?」



その傷でひきつった唇は、その問いに甲高い笑い声を発した。

「なぜ?そんな事を僕に聴くの?

なぜ!なぜ!!なぜ!!!



分かってる癖に!!!



…君が僕を好きだと言うからさ!

いとおしいと!愛していると!!!」



激高し、顔を赤らめる姿さえ、いとおしいのに。



「お、れ、のせい、なのか」

「そうだよ!アンタのせいだよ!

さあ、これで僕への興味が削がれただろう!」

「待ってくれ!じゃあ何故俺を受け入れた!!

あれは何だった??」

「気の迷いさ!ただの気まぐれ。

それ以外の何物でもない

さあ、出ていけ!!!

さもないと…」



途端に彼の掌に焔が生まれた。

赤々と燃え、二人の間を煌々と照らし出した。

前髪が影となり、互いの表情が見えない。



「ま、」

「これ以上ここに居ると」

相手は焔をゆっくりと掲げた。

口許が歪む。

それは今までの微笑みとは異なる、醜悪なものだった。

彼は強い、だが私には敵わない。それを誰よりも理解しているはずだ。

「俺を、焼き、殺す気、か?」

「まさか、僕がアンタを倒せるわけもない。だから…」



彼はその掌を己の顔に近づけた。

綺麗なスカイブルーの髪がチリチリと焼けた。

「僕は僕の顔を焼く」

「!!」



生臭い。

彼の髪が焼けていく。

月に照らされて、透き通るようだった、髪が。

手を差し込めば、絹糸の如くしなかやで、包み込んでくれた髪が。

熱く見つめあった瞳も、それを彩る睫毛も。

愛を受け入れてくれた唇も全て。



燃やしてしまう。

「やめっ」

「ならば出ていけ」





そこからどうやって出ていったのか、正直記憶にはない。

多分、逃げたのだろう。



あれは、あの夜は夢?

受け入れてくれたのではなく、無理やり、だった?



「俺は、なんて、こと、を」



失ってしまったのだ。



一番護りたかったものを、壊してしまった。





それからしばらく、私は姿を隠した。



時間が欲しかった。頭を冷やしたかった。





◇◆◇



なんかエグい始まりを想像したなあ…。

拍手[0回]

1  2  3 
カレンダー
02 2019/03 04
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
ホシノヤドリギ
性別:
女性
自己紹介:
現在、役者として成功することを夢みつつ、しっかり腐女子になっている20代です。

何かあればコチラまで。hosinoyado2000☆yahoo.co.jp(☆を@に変換)
ブログ内検索
アクセス解析
Admin / Write
忍者ブログ [PR]