忍者ブログ
気のむくままに、更新中… いわゆるネタ。 本館は更新が止まっていますが、日記は儚く動いてます(^_^;) PCからでも携帯からでも見れますが、PCからの方が見やすいかと…。 *関連会社様とは一切関係がございません。個人の趣味の範囲内・常識の範囲内でお楽しみください。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

少年が降り立った大地は白かった。
彼が歩く度に、ジャリジャリと擦れる音がする。
地平線まで続くのは雪ではない。もっと硬質で、醜いもの。
棄てられ、この世界では忘れられたもの。
別の世界で《エヴァンゲリオン》と呼ばれていたもの。
それで埋め尽くされた大地を、銀髪の少年はさしたる感慨もわかずに踏みしめ、目指していた。

地平線の先を。

◇◆◇

「今、そこから出してあげるね」 

少年がたどり着いた場所には、天と地を繋ぐ…否、天と地を貫く一本の柱がある。

この世界の理。

 一部の存在を知るヒトは、《世界樹》と呼んでいたが、少年にはどうでもいい事だ。
彼の目的は只一つ。
その理を破壊する。 

「僕は君が存在しない世界なんて認めないよ、碇シンジ君」 

彼がその柱に触れて、次の瞬間、衝撃と共に柱が赤くなった。
上からの圧力に推され、一気に白い大地へと刺さる。
腹部が、熱い。下半身と口からどろりとこぼれていく。
しかし、少年は冷静だった。静かに息を吐いて、自分を大地に縫い付けた存在に声をかけた。 

「僕が、君に、刺され、る、なん…て、ね」
「この世界は碇君が望んだ世界。私はそれを守る」 

倒れた少年の顔の近くに佇むのは、少女だった。
正確には、『少女の姿をした』存在だが。
少年は少女を見るために、少しだけ顎を挙げる。 やはり、以前の世界の姿をしていた。 

「彼、が、居なく……て、も?」
「彼がそう望んだから」 

あの選択の時、彼は願ったのだ。

自分以外の、世界の再構築を。

その願いによって創られた世界には、彼だけが居ない。かつての彼の両親も友達も関わった人間も、彼を知らない。

 「ちが、う。望…んでる、なら、何故、僕、た、ちは…そん、在、する」
「碇君が、私とあなたの存在を望んだから」 

すべてのヒトが知らなくても、ヒトの理から外れた二人には、覚えていて欲しい。
矛盾しているが、それがヒトなのだ。 

「ぼ、く、は、彼が居ないと、い味が、ない」
「碇君が幸せなら、私はそれでいい」
「…ほん、と うぅ…に、コレ、が、彼の、しあわ、せ、だと?」
「…えぇ」 

やがて、銀髪の少年は動かなくなった。 


「!」 

少女は柱に駆け寄る。
小さな振動が、大地を空を揺らしている。細かい亀裂が何本も走り、そこからオレンジ色の液体が溢れ出した。 

「碇君?」

  柱に変化は無い。しかし、柱に触れた少女には深い哀しみが流れ込んで来た。

 「…そう。いいの。碇君がそれを望むなら」

 少年が死に、それが哀しいと言うのなら。それを、碇シンジが望むなら。
少女には、この世界の崩壊と再生など、どうでもいいのだ。


◆◇◆
ピクシブにUPするのはちょっと・・・な感じだったので。正確には、カオ→←シン→←レイ。もちろん、アスカも大事です。

拍手[2回]

PR

最近、ピクシブばっかり更新しててごめんなさい(苦笑) 
走り書きしていたメモ。 

◇◆◇

「リナさん!お久しぶりです~。って、あれ、ガウリイさんは?」
「あ~うん、ちょっと…」
「…子守りですかっ!?」
「!ちょ、大声で言わないでよっ」
「そんな照れなくたっていいじゃないですか~☆お二人とも、ご夫婦、なんですからぁ~」
「ぎゃー!止めて!」
「羨ましいですよ!幸せになって下さいね!!」
「…アメリア、あのね」
「……あの人、たまに手紙をくださるんですよ」
「そう。それでどうするの?もしここから逃げたいって言うなら手伝うわよ」
「…ありがとうございます。でもそんなことしないですよ。敵前逃亡は悪!ですから」
「敵前って…。でもどうするの?断れないんでしょ?今回の話は」
「私から出来ないなら、向こうからしてもらえばいいんですっ」
「何か策でもあるのね?」
「あちらにお近づきの印しとして、フィリアさんが選別した壷をお贈りしました」
「ふむふむ」
「その壷はちょっとしたマジックアイテムで」
「へ~」
「相手にこちら側の望んだ《夢》を見させるそうです」
「フィリア、面白いのを持ってきたわね」
「見つけたのはゼロスさんらしいですけどね」
「(嫌な予感)へ、へぇ。あの二人、何だかんだと仲がいいのね…」
「で、私は悪夢を見せるようにお願いしましたっ!」
「はっ?」
「私と結婚したら、ものすごーーく不幸になるって夢を!!」
「ちょ、ちょっと待ってアメリア。悪夢だけで向こうが怯むと思うの?」
「大丈夫です。なんでも悪夢を見るたびに相手の生命エネルギーをすいとるみたいです。
フィリアさんがゼロスさんに実験して得られた話ですから間違いないですっ!
あのゼロスさんが、二日でヘロヘロになったらしいので、効果アリですよ!!」
「そ、そぉ(何してんのよ…と言うか魔族って夢見るんだ…)」
「そのうち、《アメリア王女と結婚を希望する者は不幸になる》って噂が流れればこっちのもんです!
誰も私と一緒になりたい、なんて思わなくなりますよ♪」
「…ゼル、はやく帰ってくるといいわね…」

◇◆◇

「半年ぶりですね。フィリアさん」
「…相変わらずいきなりの訪問ですね。仕方ありません、紅茶一杯ぐらいは恵んであげますわ」
「……」
「…何か?」
「いえ、何時もみたいに悪態を付かないのが意外で…」
「あなたが万全だったら、そうしてます」
「……」
「……」
「…バレましたか」
「力が戻るまで出てこなくて良かったんですけどね」
「…あぁ、そーいやーそうですね。何で僕はここに来たんでしょうか?」
「……そんなこと私に訊かれても困ります。ハーブティーでいいかしら?」
「是非お願いします。…精神世界面に戻る時、何故かあなたの魔力を探してたんですよね。
まぁ、向こうも僕がただの黄金竜の所に居るとは思わないでしょうから、僕の判断を良しとしましょう」
「私の絶望を食べて早く出てって下さい。魔族のあなたを助けようとしている自分に、心底絶望してるんですから!」

拍手[5回]

ズルズルと、目の前の金髪の少年はそばをすすった。
 
「どうじゃの?初めて食べた『深川そば』は」
 
白髪の大柄の男がその少年に問う。その様子は仲の良い祖父と孫にも見えるだろう。
事実、男は孫が居たらこんな感じだろうと思っている。
 
「う~ん、何かちょっと塩っぱいってば?」
「元々醤油ベースのつゆに、アサリの煮汁も出とるからの~。まぁ、土産話にはなるだろう」
「でも、ちょっとびっくりしたけど、美味しいってば!普通にアサリを煮込めばいいのかなぁ?」
「作るのか?」
「イルカせんせーにお願いするってば」
 
ニシシと笑うと蒼い瞳を丼に落とし、またそばを手繰るが、直ぐに箸を休めてしまった。 
 
「どうした?」
「…去年は四人で年越しそば食べたってば」
「ほぅ?」
「イルカせんせーと、買い出ししてたら…サスケと会って、」
 
濃いつゆにうつる少年の表情は、懐かしさとも寂しさとも見える。
 
「何故かオレん家で年越しすることになって、三人でそばを食べてたら、窓からカカシせんせーが、入ってきたってば」
「何とも色気が無い年越しだのぅ」
「うん…でもさ、」
 
俯き、丼の縁をぐるりと箸でなぞる。
一度、二度。
 
「楽しかったんだってば。深夜だっつーのに、オレと…サスケがはしゃいじゃって。イルカせんせぇにげんこつくらって。したら、カカシせんせーが、口抑えながら肩震わせてて。
その後、大人二人は酒飲み始めて…イルカせんせぇがひっくり反ってさぁ~。カカシせんせーは、ふつーだったけど、絶対ヤバかったと思うんだ。
…来年も、再来年も、ずーっとこんな感じだったらいいな、って。そう、思ってたってば」
 
ずっとこの光景が続くんだと、信じてたんだってば。
 
「ならば、次回はワシも仲間に入れて貰うかの~。女っ気が無いのがつまらんが、そのメンバーなら面白そうだからの」
「エロ仙人、」
 
自信が無いのだろう。小さな声で、瞳だけ上げる。
 
「信じてるんだろ?」
「え?」
「またそんな日が来ると」「…うん」
 
大きな瞳が更に丸くなり、真一文字に閉じていた唇が漸く綻んだ。
 
「さ、冷めてしまうからの。早く食べてしまえ。
今日はこれで修行は終いだ。大晦日は宿へ戻ってゴロゴロするに限る!」
「おう!」
 
また、ニシシと歯を出して笑うと、一気に啜った。
 
 
◇◆◇
いや、なんか四人で食べてたら微笑ましいかな、と。
基本はカカナルなんですが、普通に仲が良いのも大好きです。

拍手[2回]

忍者さまが携帯からの更新を2月末で終了するとな???

がは(吐血) 

ガラケーには辛い時代になりました。

そんなわけで、PCからテストを兼ねて書き書き・・・。

拍手[0回]

B.O.W.と化したシモンズが落下し、視界が炎と煙に覆われた。
そして探す朱い影。

「お前はいったい誰なんだ?」

無事だったことへの安堵で、体が軽くなると同時に、わき上がる疑問。

彼女のことを何も知らないのだ。

「なぜ俺を助ける…」

手助けをすることで何の利点がある?
お前のことだ、何か裏があると考えるのは当然だろう?
仮に、そこに個人的な感情があったとしても。

ただ分かっているのは…。

自分は一生、あの朱い影を追い求めるのだろう、と言うことだけ。

あの街で彼女に手を差し伸べた時から。

だが後悔はしていない。
どんな結末であっても。
…見届けてやるさ。


◇◆◇
今後のストーリー展開によっては、心中しそうに思えて仕方がない。
殺し愛になったらどーしよー←それも萌え☆

拍手[4回]

「失礼、これは貴女のものでは?」

大通りにあるカフェテラス。
雑踏の中で女性がコーヒーカップを傾けていると、丸いコンパクトケースが差し出された。

夏が過ぎたとは言え、この地域の陽射しは強い。女性はつばの広い帽子を被り、男性はサングラスを掛けていた。
互いの顔はそれらに隠されて伺うことは出来ない。

「あら、探していたんです。助かりました」

男性の大きな掌にあるコンパクトは、間違いなく女性のもの。
彼女の華奢な指先から体温が伝わる。が、それは一瞬で。
そのコンパクトは、直ぐに女性の手の中に収まった。

「では…」
「あの」

去ろうと背を向ける相手に微笑みかける。

「拾って下さったお礼をさせて下さい」

よもや呼び止められるなどと考えてもいなかったのだろう。彼の少しずれたサングラスから、見慣れた蒼い瞳が覗いていた。
闇の中より陽光の下で見るその蒼の方が、素直なのかもしれない。
その表情に、女性は声を立てずに笑った。

「お嫌ですか?」
「…いえ、喜んで」
「この先に新しく出来たイタリアンがあるそうです。ピザが人気だとか」
「それは…楽しみ、だな」

男性が腕を差し出すと女性はゆっくりとそこに絡ませた。


◇◆◇
動揺のあまり、うっかり素が出たレオンさん…。
いや、何か名前出してなくてごめんなさい。
そして、何を思ったかピク支部開設しちゃった。そこにも微妙なレオエイががが。

一般的な幸せは無理な二人ですけど、任務以外でも逢って欲しい。

拍手[5回]

エイダは、艶かしく躍る女の背に生える、グロテスクな触手をかわして、ボウガンに矢をセットする。

やや離れた場所で震えながら銃を構える女と、素早くショットガンを「それ」に向ける男。

女は動揺して照準が定まっていない。



それが、どんな結果をもたらすのか分かっているにも関わらず、に。





「殺してあげなさい」





目前の敵は、苦悩と快楽を往き来している。僅かな理性と、それを上回る本能の中でもがいている。



一見冷たい発言の裏を知る男は、「化物」の頭を撃ち抜いた。それがよろめいた隙にエイダは、ボウガンを連写する。完全に地に付すと、彼は容赦なく殴り付ける。



女のエージェントの小さな悲鳴を、彼は無視した。



彼も知っているのだ。





殺すのが、せめてもの救いであると。





まだ青い新人警官の頃の彼ならば、これを助ける手段を探したかもしれない。

だが、彼も自分もそんな望みが無いことを嫌と言うほど知っていた。何百、何千と言う実験体の末路を見てきたのだから。





細かった彼の背中は、もうどこにも無い。





◇◆◇

一応レオエイ小説と言ってみる!

別居結婚(笑)している二人の初めての共同作業だったりするんですよね…。血生臭いですが。



レオンを見ていると、スターウォーズのルークを思い出します。

ごく普通の青年が、どんどん麻痺してしまう…。

でも、ヴェーダーにはならない。

拍手[6回]

最近、彼女の名前を…幸か不幸か耳にしない。暫く地下に潜っているのだろう。彼女の姿がある時は、必ず背後の組織が動く時なのだから。

















彼女が現れることを予期していた、のかもしれないとレオンは思う。


虫の知らせか、死線を潜り抜けて鍛えた勘なのか…いや、そんなことはどうでもいい。


ゆえに、自室の壁に凭れかかっていてもそれほど驚きはしなかった。とはいえ、流石にコーヒーを飲んでいたことは予想外だったが。





鍛えられたしなやかな体に、細い指。


躊躇いなく引き金を引くその指が持つ白地のコーヒーカップ。


人を欺く赤い唇がそのカップに吸い寄せられる。





「良い豆ね。美味しいわ」


「家に居るときぐらいはリラックスしたいからな」





切れ長の目が少しだけ柔らかい。鋭い殺気も今はないので、ここにはプライベートで居るのかもしれない。





それでも、黒い瞳は意思の強さを表していた。


あの地獄の街で、自分はこの瞳に惹かれたのだろう…等と思う辺り、少々浮わついている。








「キーか?」


「えぇ。あなたったら持ち歩いてるんだもの。いくら私でもエージェントの『レオン・S・ケネディ』からそれを奪うのは難しいわ」


「寝込みなら大歓迎だが」


「返り討ちに合う可能性が高いからやめたのよ」


「易々と許すような女じゃないだろう」


「相手によるわね」


「……」





彼女は凭れたまま動かない。黒い瞳が揺れるが、レオンは口を閉じたまま、それを見返す。


そして、互いに熱を帯びた視線を外したのはレオンだった。





「……あの時は助かった。別に今まで隠していた訳じゃないからな」





胸ポケットから借りていたキーを取り出す。可愛らしいベアがライトの光で弱く光った。





「そんな所に仕舞って、要らぬ詮索を受けたんじゃない?」


「他人に見せるなんてヘマはしないさ。


…あぁ、でも肌身離さず持っていたら、逢えるかもしれない、とは考えていたが」


「レオン?」


「読みが当たって浮かれている自覚はあるからな」


「…そんなセリフ、凄みを出しても迫力はないわよ?」


「ついでに言っておくが…」





頭は止まれと命令を出すのに、一度動き出した口はそれを拒絶する。


それは、ここが戦場ではなく、互いに何も背負っていないプライベートタイムだからだ、と。


そう心が告げていた。





「…そのコーヒーカップにすら俺は嫉妬する」


「あなた…」





そんなセリフを言われると思っていなかったらしく、エイダの目が驚きで丸くなった。が、直ぐにいつものポーカーフェイスに戻る。


しかし、本当に僅かに口元が綻んでいるのをレオンは見逃さない。


そしてその綻びは、更に軽口を叩かせた。





「昔から、そんなに嫉妬深い男だったかしら?」


「自分でも驚いてる」





キーを指先で一回転させた。愛くるしいキーホルダーがまた、武骨な手に収まった。





「…エイダ、もう一杯、飲んでいかないか?」


「誘うぐらいなんだから、当然美味しいコーヒーなんでしょうね?」


「大丈夫さ。豆だけは良いからな」

















彼女は再び暗躍するのだろう。次に会うときは銃口を突き付け合っているのかもしれない。あるいはどちらかが、冷たくなっているのかもしれない。





だから、この時間を、もう少しだけ。





◇◆◇


デレた!レオンがデレてしまった!


ついでにヘタレだ!(でも、基本レオンはヘタレだと思う)





映画の「バイオハザード5」のエイダにデレッデレなレオン…むしろレオン→→→←エイダも好きですが、原作の「(立場的に)絶対に交わることのない平行線な2人」はもっと好きです。





…だからデレる予定はなかったんですが、うっかり(苦笑)





こんなん書いといて6でレオンがこのキーを持ってたらどうしよう…。

拍手[11回]

この研究所に漂う生臭さに、いい加減吐き気がしてきた。トレードマークの真っ赤なロングコートに、こんな臭いを染み込ませたく無い。

前の…ラクーン市の時はアドレナリンが大量に出ていて、五感が全てイカれていたのだろう。幸か不幸か、あの時より冷静だ。

愛用の二丁拳銃で二体のゾンビの頭をぶっ飛ばし、先程入手したカードキーで次の部屋に滑り込んだ。
どうやら、この室内にはあの蠢く死体たちは居ないらしい。
深夜だと言うのに青白い蛍光灯が眩しい部屋である。冷たい光が、男の銀髪を照らした。

「全く。どーせ襲われるなら美女がいいぜ。グラマラスな」

手早く残弾数を確認すると、タイル張りの壁へと寄りかかった。
別動隊のクリスたちは今どの辺りだろうか?
B.O.W.だの活性死者だの御大層な名前があるようだが、あの有象無象に出現する様は、はっきり言って害虫である。
クリスとて苦労をしているだろう事は容易に想像が出来た。

「さっさと帰るぞ。臭うし、腹減ったし、抱きたいし、寝たいんだよ」

温かいシャワーを浴びて、チーズが大量に乗っかったピザと、最近お気に入りのアイスクリームパフェを食べて、金髪でグラマラスで脚癖の悪い美女をベットに連れ込んで寝る。
あのくそ生意気な甥っ子が、また嫌な顔をするだろうがそんな事は知ったことじゃない。

全てはお前の親父のせいなんだし。

「どこに居る?かくれんぼはそろそろ終いだぜ?
オレは飽きっぽいんだよ!」

男は向かいのドアに右足をかけた。
そのドアを蹴破るまであと三秒――


◇◆◇
書いちゃったよ!バイオハザードINダンテ(ダントリ風味)
ちなみに、トリッシュはゾンビの頭を蹴り飛ばすので、弾の節約にはもってこいデス(笑)

拍手[0回]

1  2  3  4 
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
ホシノヤドリギ
性別:
女性
自己紹介:
現在、役者として成功することを夢みつつ、しっかり腐女子になっている20代です。

何かあればコチラまで。hosinoyado2000☆yahoo.co.jp(☆を@に変換)
ブログ内検索
アクセス解析
Admin / Write
忍者ブログ [PR]