忍者ブログ
気のむくままに、更新中… いわゆるネタ。 本館は更新が止まっていますが、日記は儚く動いてます(^_^;) PCからでも携帯からでも見れますが、PCからの方が見やすいかと…。 *関連会社様とは一切関係がございません。個人の趣味の範囲内・常識の範囲内でお楽しみください。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近、彼女の名前を…幸か不幸か耳にしない。暫く地下に潜っているのだろう。彼女の姿がある時は、必ず背後の組織が動く時なのだから。

















彼女が現れることを予期していた、のかもしれないとレオンは思う。


虫の知らせか、死線を潜り抜けて鍛えた勘なのか…いや、そんなことはどうでもいい。


ゆえに、自室の壁に凭れかかっていてもそれほど驚きはしなかった。とはいえ、流石にコーヒーを飲んでいたことは予想外だったが。





鍛えられたしなやかな体に、細い指。


躊躇いなく引き金を引くその指が持つ白地のコーヒーカップ。


人を欺く赤い唇がそのカップに吸い寄せられる。





「良い豆ね。美味しいわ」


「家に居るときぐらいはリラックスしたいからな」





切れ長の目が少しだけ柔らかい。鋭い殺気も今はないので、ここにはプライベートで居るのかもしれない。





それでも、黒い瞳は意思の強さを表していた。


あの地獄の街で、自分はこの瞳に惹かれたのだろう…等と思う辺り、少々浮わついている。








「キーか?」


「えぇ。あなたったら持ち歩いてるんだもの。いくら私でもエージェントの『レオン・S・ケネディ』からそれを奪うのは難しいわ」


「寝込みなら大歓迎だが」


「返り討ちに合う可能性が高いからやめたのよ」


「易々と許すような女じゃないだろう」


「相手によるわね」


「……」





彼女は凭れたまま動かない。黒い瞳が揺れるが、レオンは口を閉じたまま、それを見返す。


そして、互いに熱を帯びた視線を外したのはレオンだった。





「……あの時は助かった。別に今まで隠していた訳じゃないからな」





胸ポケットから借りていたキーを取り出す。可愛らしいベアがライトの光で弱く光った。





「そんな所に仕舞って、要らぬ詮索を受けたんじゃない?」


「他人に見せるなんてヘマはしないさ。


…あぁ、でも肌身離さず持っていたら、逢えるかもしれない、とは考えていたが」


「レオン?」


「読みが当たって浮かれている自覚はあるからな」


「…そんなセリフ、凄みを出しても迫力はないわよ?」


「ついでに言っておくが…」





頭は止まれと命令を出すのに、一度動き出した口はそれを拒絶する。


それは、ここが戦場ではなく、互いに何も背負っていないプライベートタイムだからだ、と。


そう心が告げていた。





「…そのコーヒーカップにすら俺は嫉妬する」


「あなた…」





そんなセリフを言われると思っていなかったらしく、エイダの目が驚きで丸くなった。が、直ぐにいつものポーカーフェイスに戻る。


しかし、本当に僅かに口元が綻んでいるのをレオンは見逃さない。


そしてその綻びは、更に軽口を叩かせた。





「昔から、そんなに嫉妬深い男だったかしら?」


「自分でも驚いてる」





キーを指先で一回転させた。愛くるしいキーホルダーがまた、武骨な手に収まった。





「…エイダ、もう一杯、飲んでいかないか?」


「誘うぐらいなんだから、当然美味しいコーヒーなんでしょうね?」


「大丈夫さ。豆だけは良いからな」

















彼女は再び暗躍するのだろう。次に会うときは銃口を突き付け合っているのかもしれない。あるいはどちらかが、冷たくなっているのかもしれない。





だから、この時間を、もう少しだけ。





◇◆◇


デレた!レオンがデレてしまった!


ついでにヘタレだ!(でも、基本レオンはヘタレだと思う)





映画の「バイオハザード5」のエイダにデレッデレなレオン…むしろレオン→→→←エイダも好きですが、原作の「(立場的に)絶対に交わることのない平行線な2人」はもっと好きです。





…だからデレる予定はなかったんですが、うっかり(苦笑)





こんなん書いといて6でレオンがこのキーを持ってたらどうしよう…。

拍手[11回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
240  239  238  237  235  234  233  232  231  230  229 
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
ホシノヤドリギ
性別:
女性
自己紹介:
現在、役者として成功することを夢みつつ、しっかり腐女子になっている20代です。

何かあればコチラまで。hosinoyado2000☆yahoo.co.jp(☆を@に変換)
ブログ内検索
アクセス解析
Admin / Write
忍者ブログ [PR]