忍者ブログ
気のむくままに、更新中… いわゆるネタ。 本館は更新が止まっていますが、日記は儚く動いてます(^_^;) PCからでも携帯からでも見れますが、PCからの方が見やすいかと…。 *関連会社様とは一切関係がございません。個人の趣味の範囲内・常識の範囲内でお楽しみください。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

*「先ずは…」の前の話しになります。


黒騎士は、銀髪の旅芸人と言葉を交わすと、何処かへと消えた。魔法使いも僧侶も、その時は魔力をほぼ使い果たし意識をそちらに向ける余裕はなく、武道家は辛うじて立っているだけだった。
だから、旅芸人と黒騎士の会話を殆ど聴いていない。

「とりあえず、セントシュタインに戻りたいと思います」

銀髪の旅芸人の言葉に、3人は大きくため息をついた。


それから大急ぎで城まで引き返し、休憩もそこそこにツァーリとエスは、国王に謁見を申し込みに行った。
何故謁見に武道家まで着いていくのか、カイは不思議に思ったが、ルイーダが出してくれたパフェを見るや否や、そんな疑問は何処かへ行ってしまう。
いやに不機嫌な相方をよそに、ありがたくパフェを頬張ることにした。

「で、黒騎士を倒したの?」

ルイーダがグラスを拭きながら訊いてくる。

「わかんねぇ」
「わからない?」
「なんか、あの日溜まりと話して、消えちまった」

日溜まり、そう、彼は日溜まりに似ている。

「日溜まりって彼のこと?…またあだ名をつけたのね」

この口の悪い僧侶には、面白い癖がある。知り合った相手に次々と名前をつけるのだ。カイと長い付き合いの魔法使いは嫌な顔をするが、ルイーダは気に入っていた。
あだ名をつけるのは、彼女があの不思議な旅芸人を気に入っている証だ。
ちなみに、魔法使いのシシィのあだ名は“お嬢”である。

「なんかさ~、日溜まりを形にしたらあんな感じかなって。あ、あの武道家は寝暗っぽいから“黄昏”な。んでピンクのは…」
「ピンク?」
「…んにゃ、なんでもない」

見覚えの無い色名に、女主人はおうむ返しに問うたが、カイはぐるぐるとスプーンをかき回すだけで答えなかった。
そこへ、地を這うような声が、割って入った。

「…で、二人共、私に何か言うことは無いのかしら?」

黙ってやり取りを聴いていたシシィである。眉間に皺を寄せ…ルイーダには彼女の周囲に渦巻く冷気が見えた。
流石のカイも顔を引きつらせて謝る。

「えと、黙ってごめんなさい…わざと黙ってた訳じゃ…嘘です。わざとですごめんなさい。言わない方が面白そうとか思ってました」
「ごめんなさいね。彼の銀髪を見て、もしかしたらって思ったのよ。
彼はあの地震で記憶を無くしたみたいで。
『あの人』も、地震の後に行方不明になったんでしょう?時期も被るし…
でも確証が無くて言い出せなかったの。先入観無しで、直接確認して貰った方が良いと思って」

そこで一度言葉を区切り、シシィの表情を見る。だが、俯いていて、ルイーダからはあまり見えない。

「やっぱり…」
「別人よ。それはまあ、髪の色で私も一瞬見間違えたけれど…、髪以外は似ても似つかないわ。残念ながら」

シシィは紅茶にミルクを注いだ。白が混じり、くすんだ琥珀になる。その琥珀色に浮かぶ己の表情を見たくなく、慌てて飲み込んだ。
「そう。…大丈夫よ。世界を回ってれば見つかるわ。
凄腕のレンジャーなんでしょ?」
「えぇ。信じているわ。
一応、二人が戻ったら色々訊いてみるけど…多分、“あの人”についてはわからないでしょうね」

ポットを手にして、中身を継ぎ足す。たっぷり足された紅茶に映る顔は、やはり酷いものだった。
だが次の僧侶の一言で、シシィは顔を上げた。

「でもさ、あの旅芸人と居ると、何かあるかもな。
あの日溜まり、フツウじゃない」
「え?」
「……何だろうな」

カイは一人ごちると、それきり黙ってしまった。


◇◆◇

一度消しちゃって、書き直したらなんかシリアスになりました(笑)
まあ、いいか。
大筋は変わってないので

拍手[0回]

PR
*「もう一人の銀髪」の後の話しになります。




カイの言う“日溜まりと黄昏”が宿に戻ったのは、陽が地平線に沈む頃だった。



確かにあの僧侶の喩えはぴったりだった。朗らかな表情の旅芸人と、影のように居る強面の武道家。

(面白いパーティーになりそうね)

ルイーダは四人が座るテーブルを見ながら、クスリ、と笑った。





「それで、どうだったんですか?」

そうそうにシシィは、ツァーリを質問責めにした。何せ不明なことが多すぎるのだ。

そもそも、何故黒騎士が引き下がったのかも知らないのだ。

だが、目の前の麗人は少しだけ首を傾げて、左手を軽く上げた。そして男性にしては高い声が響く。

「その前に、お互いに自己紹介をしませんか?バタバタしていて、きちんとお話し出来てないでしょう?」

あっさり出鼻を挫かれ、シシィは沈黙する。隣の口の悪い僧侶の肩が震えていたが、彼の言っていることも一理あるので、そのまま椅子に座り直した。



◇◆◇



ツァーリはのんびり、シシィはせっかち。

拍手[0回]

*黒騎士退治の序盤。「刃の男」「依頼書」の後になります。





「…っ?シシィ!あの黒いヤツ!」



僧侶が驚いた声をあげるより速く、そのアーモンドの瞳は彼を捉え、凝視していた。

黒い影ではない。

銀色を。



会えば分かると言ったルイーダ。

銀髪の恩人。



(成る程、ね)

シシィは依頼をしてきた彼女の思わせ振りな態度を思い出した。

隣のカイは彼の姿には声をあげていない。と言うことは、彼女は聞いていたのだろう。

(話は後。先ずは…)

「回復を!!」

「お、おう」

湖畔に居る黒い影。それに対峙する銀と紅に向かって、二人は脚を速めた。





「ルカニ!」

「ホイミ!」



背後からの呪文に咄嗟に身をかたくするが、己を包む光に少しだけ安堵した。

「仲間みたい!」

サンディが首元に隠れつつ後ろを確認した。

「魔法使いと僧侶っポイよ!」

「うん!助かりました!ありがとう」

「状況説明を!」

茶髪の魔法使いが、黒騎士を睨み付けたままツァーリの隣へ走り込んだ。

金髪の少女はそのままエスの方へ向かい、回復呪文をかけている。

ツァーリは素早く辺りを見回すと、剣を持ち直し体勢を整える。

「彼が多分、例の黒騎士です。防御が堅い。さみだれつきといなづまつきを使ってきます」

エスが、再び攻撃を仕掛けた。

初めて、黒騎士がよろけた。

「守備力は下げたわ」

「もう一度ルカニを。僧侶の彼女は回復をお願いします」

「分かったわ」

「おう!分かったぜ!」

元気よく上がった少女らしからぬ言葉使いに、ツァーリは目を丸くしたが、僧侶を見るとふわりと微笑んだ。



(日溜まりみたいなヤツ)



僧侶は唱えながら、知り合いに似たその銀髪を眺めた。





◇◆◇



…あの世界って銀髪多かったかなぁ?

武道家イドの名前をエスに変更しました。

イドだと元キャラのイメージが強すぎて(苦笑)

拍手[0回]

勇気を持って、お世話になっているドラクエサーチ様の検索欄に「BL」を入れてみた!
仄かにそれっぽいので…。
ね?(誰かに同意を求めてみる)

拍手[0回]

*仲間になって暫く後ぐらいです。ダーマ辺り?






画かれた人間。








それがエスが持った、ツァーリと言う人間への印象だった。


決して完璧などでは無いが、何事もそつなくこなし、優しく、頭も切れる。


レベルは低いが、あの身のこなしと剣の使い方は、それなりに長く誰かに師事して身に付けたものだろう。足りないのは実戦経験だけだ。





更に、あの美貌である。





男に対して「麗しい」と言う詞は適切ではないかもしれない。だが、少なくともエスは、彼に相応しい単語を他に知らない。








月の光を含んだ銀色の髪、ルビー色の瞳の奥には星の瞬きが見える。


焔の如く紅く広がる髪に、ほの昏い光を宿した瞳を持つ自身とは、何もかも異なる姿。


どんな貴金属も、彼の銀とルビーには敵わないだろう。





そして、彼が持つ雰囲気。纏うオーラ、気配…。表現は何でもいいが、とにかく彼が持っている“何か”。


ある種の絶対的な、そして神秘的な、もの。





それらを全てひっくるめて、エスは思うのだ。


ツァーリは、まるで、絵画から抜け出てきた様な人間だと。





「貴様は、何者だ?」








◇◆◇





美貌、と書いた瞬間にサービスを思い出しました(笑)

武道家の名前をエスに変更。

拍手[0回]

全身を白で覆った長身の男は、焚き火を睨みつけたまま動かなかった。



「なん、だと」

低いうなり声が背後の魔族への返事だった。



かつての仲間は皆逝った。稀代の大魔導師と言われた彼女も亡くなって久しい。己を知る竜族や魔族とも、殆ど…こうして向こうから来る以外は…会わない。

魔族とは会いたくもない。



「ですから、先日フィリアさんがお会いしたセイルーンの王族。魂は“彼女”のようですよ。

まあ、少々魔法は苦手なようですが」

長い付き合いの魔族は、その喰えない笑顔でそう言ったのだ。



“彼女”と言われて思い当たるのは、ただ一人。

最後にあったのは、二百年以上も前、まだ“彼女”が存命だった頃の事だ。

最期は特に病に倒れた訳でもなく眠るように逝ったと言う。

“彼女”はヒトとしての生涯を平穏無事に終えたのだろう。

噂を耳にして駆けつけた時は既に遅く、一度だけ墓に立ち寄り、それきり足を運んでいない。



――また会える?



そんな想いが横切る。

ただ。



「本当なのか?」

「フィリアさんの見立てを疑うんですか?」

「いや、そうではなく…」



そこでは無い。この魔族が告げた重大な事柄は。



「あぁ!そっちですか!」

この魔族はわざとぼけているのだろう。

胸ぐらを掴まえたくなるのを必死に堪える。

「あいつの生まれ変わりが、その…」

「間違いないですよ!

いや~、僕が嫉妬するぐらいの美少年でした!」



「あ~の~バカーーー」



◇◆◇



どんな悲恋なゼルアメでも、最後はギャグがいい(笑)

拍手[0回]

新しく来た異世界の戦士は、本物だった。


自分と同じ服、同じ…瞳。

自分は彼を知っている。けれど、彼は自分を知らない。

「アンタもソルジャーなのか?」

…自分と知り合う前の彼。
「いや、俺は、」
「だってその目は、」
「違うんだ」
「…そのバスターソードはどうしたんだ?」
「これは…トモダチから、…預かっているんだ」

今、彼がここに存在するのなら、「返す」べきなのかもしれない。

◇◆◇

クラウドの記憶があって、クラウドと出逢う前のザックスが来た場合。

拍手[0回]

*「依頼書」より前の話しになります。






ルイーダから紹介された武道家は、いつの間にかツァーリの傍に立っていた。



「彼が、武道家のエスよ。エス、こちらが私の恩人のツァーリ。



彼を助けて上げて欲しいの。依頼料は私から出すわ。期間は、ツァーリの身の回りの安全が保証されるまで」



「…承知した」







肌は…どちらかと言えば蒼白く、髪は焔の様な赤。そして、瞳は金色であった。身長はツァーリより高いのだが、ほっそりとした体型のせいか、あまり肉体的な威圧感はない。







しかし。







「ねぇ、ツァーリ、あいつヤバそうだよ~」



肉体的な圧迫こそ無いのだが、彼の纏う雰囲気は鞘の無い刃に近く、サンディが落ち着きなく飛び回っていた。



だが、ルイーダの信頼は揺るぎが無い様だし、少なくとも背後から騙し討ちにする様な人間では無さそうだとツァーリは判断した。



「宜しくお願いします。エスさん」








◇◆◇



…本当にBLになるんだろうか。


武道家の名前をエスに変更。

拍手[0回]

泣いていた。

いや、ティーダは笑っているのに、泣いているように、ジタンには見えたのだ。それは、もしかしたらランプに照らされて、偶々そう見えるだけかもしれないけれど。



日夜の強行軍が続き、今はローテーションを組んで休みを取っていた。この時間はティーダと己とセシルが休憩である。
ティーダは先に横になって直ぐに寝息を立て始めた。そして、偶然にも彼の寝顔が視界に飛び込んで来たのだった。

その、泣いているような笑顔を。

「……ユ、ゥ、…ナ」

誰かの名前を呼びながら。
そして必ず言うのだ。

「な、か、…ない、………で」


「お前が泣きそうな顔してるぜ」
ジタンは、そのまま毛布をすっぽりと被った。


◇◆◇

あ、セシルが居ない!

拍手[0回]

「なあ、還ろうぜ。クジャ」

冷たいクリスタルの上。互いの顔も見えず、ただ力尽き消えていく。

「…どこにさ」

灯火が、小さく。
けれど、意識だけははっきりと。

「俺たちが還る場所は、同じだろう」

◇◆◇

いつかの輪廻。
某ニコ組曲さまの歌詞にヤられました(笑)

拍手[0回]

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 
カレンダー
12 2019/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
ホシノヤドリギ
性別:
女性
自己紹介:
現在、役者として成功することを夢みつつ、しっかり腐女子になっている20代です。

何かあればコチラまで。hosinoyado2000☆yahoo.co.jp(☆を@に変換)
ブログ内検索
アクセス解析
Admin / Write
忍者ブログ [PR]